忍者ブログ

THE COOPERS DIALY

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


聰(あきら)と言えば橋本の中ではMr.寺尾しかいないわけです。

橋本は数年前、実家に帰ったとき家のレコードをあさっておりました。もちろんそれは俺のではなく母のものです。そしてその中にMr.寺尾はおりました。
それまで聴いたことがなかったので、まぁ知っててルビーの指輪どまりでしたから。で、なんとなくかっぱらってきたわけです。

で、帰ってきいたらそりゃあこの上ないグッドミューズィックだったわけです。なんかよくわからんけど。もともと聰はGSあがりだからなんか凄い歌謡曲ででも渋くて80年代日本って感じでね、肩パット入ったスーツ着てるカップルが愛を囁き合うようなね、カップルじゃない、アベックね!
ツボでした。

ちなみにこの唯一のアルバム『Reflections』は80年代で一番売れたアルバムらしいですよ。

で写真の下にあるCDは一年半前くらいに出た聰のセルフカバー?アルバムまるまるとりなおしみたいな、今やったらこうなりました!みたいなアルバムです。ジャケット若干クラプトン意識してると思いますがそれも愛嬌!いいアルバムです。がやはりオリジナルが断然いいですが。

あまりまとまらない話で申し訳ないんですが、ふと思ったので書いてみました。ごめんなさい。

最後に彼の歌の一節を書いてお別れです。
が、
彼は作詞をしないので彼の書いた詞ではないですが…


北風に追われ南へ向かう
俺の行く先は聞いてくれるな
独りでいるより二人の方が
なおさら孤独な時もある

たぶん離れれば恋しくなるさ
君の面影に触れたくなるさ
待っててくれとは今は言えない
コインでも投げて決めてくれ…

  『喜望峰』より



PR


◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者ブログ 
[PR]